平成26年版 森林・林業白書

森林林業白書 日本の森林・林業を取り巻く動向を解説し、森林・林業施策について報告する「森林・林業白書」の最新版です。

 平成26年版の冒頭トピックスでは、伊勢神宮の式年遷宮に700年ぶりに宮域林から用材が供給された話題を取り上げ、先人たちによる森林整備の努力を紹介するとともに、富士山の世界文化遺産への登録、林業活性化に向けて拡大する女性の取組など5つの話題を紹介しています。

 また、第Ⅰ章の特集章においては、森林の多面的機能に果たす森林整備の役割について紹介した上で、我が国の森林整備を巡る歴史を振り返り、森林整備推進のために関係者が果たすべき役割などの今後の課題について記述しています。

 行政担当者や林業に携わっている方をはじめ、森林・林業に関心のあるすべての方に必携の一冊です。

 定価:2,376円(本体2,200円)